ゆめにっき
明晰夢・幽体離脱について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガイドはペンギン様?
20160413202710d4a.png
昼夜逆転。ぐだぐだと昼寝

夢をみました。

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

自宅への道、もしかして高校の時の白石君かなって人を何人か後ろからみつける
最後の一人が本物で、何かもごもごといいたげ。「久しぶり」かな?
とりあえず近所の高校向かいの坂を右に曲がる

私はゲームのディスクを持っている
ナルトか何かの対戦ゲーだ
白石に読ませるとふーんふーんといって納得した
家に連れ込むと、その対戦ゲーをした
いや、路上で始めた気もする。
実際に路上の空中に飛び上がったり体を使ってその対戦ゲーをした。
よけかたがわからない~と終始私は言っていた
白石君は解説書を読んでいたが、私は読んでいない
何度もふんっと踏ん張ってよけた。
ぶんっと動く軌跡のエフェクト
よけるコマンドなのか、それとも移動しながら攻撃する技を使ってよけているのか。それがよけた直後にすぐ反撃できない理由なのか。。
序盤私が勝っていたが、終盤HPを大いに削られ、どっちも瀕死状態でややこっちのが負けていた。
必死でよけながらカウンターを狙う

そこで家に人が沢山来たのでいったん布団のところでゲームを一時停止した。
母親が帰ってくると同時に中学の頃の不良の人とか、その友達らしきひとかが居間のテーブルにぞろぞろ座る
「この人達、誰が呼んだの~?」私は大声で
言う
それはちょっと…と、苦い顔をする母?
母が二人いた気がする
目がいてえなあ、乾燥してるみたいだと思ってテーブルの上にあるめぐすりをつける

そのあと一旦部屋に戻る
なんか片目だけ開いてる気がする。ひきつってる感じ
右目だけ。右目で夢を見ていて、左を開けると現実が見えちゃう?
そう思い、右目を閉じて左目をあけてみる。すると現実がみえた(とその時は思った)片目だけ名倉で片目は渡辺って人がいたけどこれだって思った

これでは目覚めてしまう。と思って左目をとじ右眼を開くが、何も見えない
布団に突っ伏してるからか?と思った(リアルで?夢で?)
よく見えないまま居間にいく
ソファーのところにさっき白石くんが座っていたんだけど、まだ座ってるかなと手で探ってみるといるのが分かった。
さらにその右隣をさすってみると父が座っていた。
次にテーブルの周りを手探りで探すと、さっきのガキどもは全員いなくなっていたようでちょっとほっとした。

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

追記からいよいよ名倉ですd(゚∀゚。)
▶つづく
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。