ゆめにっき
明晰夢・幽体離脱について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日より今日、今日よりも明日
三年ほど前に離脱を知った時は一気に気合いで離脱しようと思ったがwktkしすぎたり怖すぎてあまり離脱出来なかった。

一年前に再び離脱しようと思い立った時は三年前ほど金縛りとかがもうこなくなっていたが、小さい前兆は感じたのでまず、安定して毎日前兆を感じられるように頑張ることができ、そこからすこしづつ金縛りへ発展させていくことにして、だんだんと離脱のペースを掴んだ。きっと、二年もたったから、それほどwktkしすぎないし、幻聴とかが突然聞えてもそんなに怖くなくて平常心で挑戦できた時期だったのだと思う
そして、週一くらい離脱できるけど一分以内に戻される。というところまできた。


ここからも地道に滞在時間を増やして行けばよかったのに、この時油断したのか他の趣味にハマってしまい、夜更かしして挑戦をおろそかにしてるうちに離脱もできなくなってしまった。

そして夏になる
アレ?数か月前までは起こすことのできた金縛りはおろか、前兆も発生させられない体になっている・・・・ッッ?!!

――そう、ひぐらしのなく頃に


結局夏は布団の中で体が蒸てしまい暑すぎてじっとしていられない弊害でまったく集中もできなかった。
それから離脱暗黒時代を迎える

毎日のように挑戦するが離脱できない
結局まただれてきて夜更かしするので眠い。

めちゃくちゃな生活リズムだと離脱に挑戦する時間帯も安定しない。
鬼畜覚えゲーを一回ごとにステージ変えて挑戦するようなもんだ


そこでまず生活リズムを正すことにした
どこで知り及んだか「10時の幸福列車」というのがあるらしくて、なるべく10時に寝るようにすると人は幸せに
なれるらしい

次に、前兆もなにも感じないとしても着実に何か出来る筈だと考えたら・・
「まどろみ」を感じることだった
この前は、「金縛り」を起こすためにまず、「金縛り」を起こそうと躍起にならず、「前兆」を起こす確率を
高めることに順調にステップアップして行った。
だから今度は、「前兆」を起こすために「まどろみ」を多く感じようと思ったのだった

最近は寝ようとしても意識に壁がある感じで、気づくといつのまにか寝ている、という垂直落下のような睡眠をしていたと思う。だから、まどろみを起こして離脱に挑戦しやすくすることが先決だと思った


今年2月ころ、調子が良かった時の状況を書いておくと、朝早く起きて学校に行って午後は自習が多いので寝る、部活も無いので学校から帰ってきてすぐ一時間だけ挑戦、また起きて夕飯食ったりした後に就寝時にまた挑戦という生活だ。
なぜか学校で昼寝した日ほど成功率が高かったが、これは、今考えると二度寝法だった。
学校で放課後ギリギリまで昼寝して、電車で一時間くらいかけて家に帰る。
そしてすぐ挑戦。だから二度寝法の周期を利用して成功率を高めていた。

結論:やはり二度寝法はガチ


今現在の話しに戻るが、長らく離脱しようとしても離脱できなかったためか、さっき前兆が来たのにwktkしすぎてしまい、またせっかくだからどうしても成功したいと必死になりすぎて緊張してしまったため失敗した。

一発で成功できる天才タイプ以外は、長年経ってやっとけばよかったと後悔することを考えれば、今からどうせ長くやるのだから、着実に段階を踏んでいくためにまず前兆どまりの日を連続で経験することになろうから前兆ごときで平常心を崩すことはない。だか金縛りで緊張してしまうだろうからまた少しづつなれていく。そのうち金縛りにも慣れ、、と平常心でいられる時間を長くすることだなと思った
ちなみに現実世界で平常心を作るためには姿勢を良くすることと呼吸を長くできることだそうで呼吸を長く止めておく訓練がいいらしい。ただ怒責といって、窒息死しないように。

結論:平常心を保ち続けることが大切だ。


そんな前兆で大丈夫か?


―― 一番いいのを頼む
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridants.blog.fc2.com/tb.php/11-73b631db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。