FC2ブログ
ゆめにっき
明晰夢・幽体離脱について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徒然と
抽象的な思考を得たいと思って、小さい時分から具体的な知識を収集することを意図的に避けていた。

知識に依存することで本質を見失うと思っていたから。
議論等の際に、細かい知識を持っていればいるほど水掛け論に長じてしまうのではないかと懸念していた。
純粋な思考力が削がれないように、少ない情報のまま考えることに固執していた。

――小・中学校の頃、星新一の小説が好きだった。そこに登場するのは「エヌ氏」とか「エフ氏」といった人物で、イニシャルにアルファベットを用いることにより特定の人物を連想しないようにあえてそうしていると作者本人が語っていた。
また、時事ネタや世間の特定の事項を極力排除されていた。それにより、イソップ童話のように、かえってシンプルなこの世の風刺、本質が浮き彫りになっていると感じた。



しかし、今になって、抽象的な見方をするために、できる限り多くの知識を手に入れようという考えになっている。

多くの知識を得ることでそれらに有機的なつながりを持たせ、スコトーマ(世界を狭めている思考的縛り)を外していくことでクリーンで透き通った見方が出来るという考えだ。

本屋さんで苫米地英人氏の本を立ち読みしていた。
人との出会いという縁起によってのみ人は自らの縁起(運命や自分の主観的世界)を変えることが出来るのだという。
本など情報との出会いは人との出会いと同じ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridants.blog.fc2.com/tb.php/129-a1df1fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。