ゆめにっき
明晰夢・幽体離脱について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
\(>ヮ<)/きゃっほぉ♪
今日の自らの会話から抜粋

[22:36:18] 長井綺紗: http://www.nicovideo.jp/watch/sm3275428?mypage_history
[22:36:51] i: 動画の名前だったのか
[22:37:33] i: これはひどいいいいいいいいいいいいいいい
[22:37:48] i: きゃほーい!もあるw
[22:38:27] i: 謎の中毒性?
[22:38:56] i: なんにでもきゃっほいできたらいいのだが。
[22:39:36] i: なんかしゃーわせになる
[22:41:23] i: きゃっ・ほぅ~。
[22:42:02] i: わかった
[22:42:12] 長井綺紗: \(>ヮ<)/きゃっほぉ♪
[22:42:22] i: 人は愛を求めているというより
[22:42:59] i: 心の中に詰まった自らの愛の源を放出したいのかもしれぬ
[22:43:06] i: しかし
[22:43:23] i: 下手なことを言って受け入れられぬ恐怖から心を閉ざす
[22:43:25] 長井綺紗: 世の中金ですぜ
[22:43:30] i: だがきゃっほーは
[22:43:44] i: なんでも受け入れてくれる純真無垢な受容体
[22:44:13] i: つまり、きゃっほーに対するものは安心して自らを曝け出すことができる
[22:44:29] i: そう、つまり我々にたらないものは人の愛ではなく
[22:44:55 | 22:45:35を編集しました] i: 自らの愛を放つべき人の環なのである。足りなiいものなど何もない。むしろ道過ぎている
[22:44:59] i: 終り。
[22:45:34] 長井綺紗: 自分以外の存在がない空間で
[22:45:42] 長井綺紗: 羞恥心は存在するのか
[22:45:51] i: しないでしょうねぇ
[22:46:08] i: 羞恥心てなんだろ
[22:46:36] i: 統御できない他人によるゲシュタルト崩壊の向きだろう
[22:47:45] i: 普段の我々の統合クオリア的imageは股間の一物を含めない理知的imageをもってペルソナとしている
[22:48:30] i: たとえば服を剥がれ他人に弄ばれるのであれば
[22:49:34] i: そこに羞恥心を感じ得るのは普段我々が頼ってきた確固たる統合イメージ、そして安心感の源であるゲシュタルトを途方もなく崩壊にいたしめられる為である
[22:50:01] i: それに慣れれば羞恥心が消えるのもそのためである
[22:50:19] i: 自分の腕から骨が突き出たさまをみて、吐き気を催してしまうのも
[22:50:40] i: 痛みを予測するということも大きいが
[22:50:56] i: 多くはその、ゲシュタルト崩壊によるものであろう
[22:51:12] i: ゲシュタルト、という表現が正しいのか分からん

なれないことをするのが怖いのも、経験による慣れ、そのことが自然だと感じる認識的基盤ができていないからだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridants.blog.fc2.com/tb.php/77-a0585af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。